スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地の底から

2010.03.26 風景
こんにちは、無事に生きてます、Linoです。


今日は今からバイトです。

先ほど大学に行って、成績を発行してもらってきました。
落したものがなくて一安心。
予想よりも評価が低かったものもありましたが。。

これで今年は前期を頑張れば、後期は講義は少なめに設定できそうです。
まあ、研究室の方が忙しくなるので、そうノンビリはしていられませんが。


さて、旅行の話。
もう1カ月以上経ってたんですね(笑

摩周湖を出発したバスは、一昨日に宿泊した川湯温泉を通り、硫黄山へ。
川湯温泉の源泉ともなる火山で、明治時代に良質の硫黄を産出したそうです。
正式名称はアトサヌプリ
アイヌ語で「(木のない)裸の山」を意味するそうです。

634

鉱山は枯渇により閉山したものの火山活動は今も続いていて、水蒸気が岩の隙間からモクモクと吹きあがっていました。
このあたりはやはり熱気があり、他の場所よりも暖かかったです。

僕は立ち寄らなかったんですが、ここでは有名な温泉卵が売られているそうです(笑



Secret

TrackBackURL
→http://endlesstrip901.blog29.fc2.com/tb.php/6-386ca8cf 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。