スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日、ふっふ~♪

2010.03.29 風景
こんばんは、年度の瀬も迫ってきましたね。
大学の春休みもあと1週間ほどとなりました。

今日は年度末の大掃除をやりました。
ここで綺麗好き、なんて思っちゃいけないですよ?

綺麗好きじゃないから大掃除なんかしなきゃいかんのですよ?笑

年末の大掃除はちゃんとやったんですが、やっぱり見落としてるところも結構ありまして。
電子レンジの後ろ、靴箱の中……

結構黒くなってました(笑

さて、旅行旅行。

屈斜路湖の次は観光バス最後の停車地、阿寒湖へ。
摩周湖、屈斜路湖と同じ、火山の火口跡にできたカルデラ湖です。
丸くなるマリモで有名ですよね。

さて、タイトルの「今日は何の日、ふっふ~♪」ですが。
今日、3月29日は実はマリモの日
阿寒湖のマリモが天然記念物に指定された日だそうです。

阿寒湖のものが有名なマリモですが、実はマリモ自体は北海道~関西の湖に点在します。
ただ、繊維状のマリモが丸まって球状の集合体になるのは、なぜか阿寒湖に生息するものと、青森県に生息するものだけらしいです。

現在は土産用のマリモの乱獲で、他の湖のものは激減しているそうです。
(阿寒湖以外では天然記念物指定ではない)
いくら天然記念物ちゃうからって、よーけ取っていいってことやないやろ…
悲しいかな、人間って生き物は、欲と酒を目前にするとリミッターが外れる生き物なんですよね。

で、阿寒湖に着いたはいいんですが…
638

完全に凍ってて、氷上フェスティバルなるものが開催されてました。
スノーモービルとかが体験できるようです。

特にそっちに興味はなかったので、アイヌ料理をランチして、アイヌコタンの散策に時間を費やしました。

639

アイヌコタン=集落の意味なんですが、現在は住居ではなく、木彫りのお土産屋さんが軒を並べる通りでした。


さて、定番のアイヌ伝承、今回は阿寒湖にまつわるお話です。

昔、阿寒湖の畔は菱の実がたくさん実る地だったそうです。

しかしトウコロカムイ(=湖の神様)は何故か、この菱の実(ペカンベ)をたいへん嫌っていたそうです。

湖を汚すペカンベに対して神様は

「お前らはこの綺麗な湖には置いておけない!!とっとと出ていけ!!」

そう言って、ペカンベを追い出します。

「そんなこと言わずにどうか」と懇願したにも関わらず、ペカンベは追い出されてしまいます。

憤慨したペカンベ達は出ていく時に阿寒湖のほとりの草を丸めて湖に投げ込み、

「藻になって湖を汚せ」

と、呪いの言葉を吐きながら釧路湿原の方に移って行きました。

その投げ込まれた水草がマリモであり、アイヌの人々はトーラサンペ(湖の妖怪)と呼んでいるそうです。



摩周湖の神様(摩周湖の記事参照)と違い、阿寒湖の神様はケチだったんですね(笑
ちなみにこの他にも雌阿寒岳と雄阿寒岳にまつわる伝説があったりして、そっちも中々面白いです。



地の底から

2010.03.26 風景
こんにちは、無事に生きてます、Linoです。


今日は今からバイトです。

先ほど大学に行って、成績を発行してもらってきました。
落したものがなくて一安心。
予想よりも評価が低かったものもありましたが。。

これで今年は前期を頑張れば、後期は講義は少なめに設定できそうです。
まあ、研究室の方が忙しくなるので、そうノンビリはしていられませんが。


さて、旅行の話。
もう1カ月以上経ってたんですね(笑

摩周湖を出発したバスは、一昨日に宿泊した川湯温泉を通り、硫黄山へ。
川湯温泉の源泉ともなる火山で、明治時代に良質の硫黄を産出したそうです。
正式名称はアトサヌプリ
アイヌ語で「(木のない)裸の山」を意味するそうです。

634

鉱山は枯渇により閉山したものの火山活動は今も続いていて、水蒸気が岩の隙間からモクモクと吹きあがっていました。
このあたりはやはり熱気があり、他の場所よりも暖かかったです。

僕は立ち寄らなかったんですが、ここでは有名な温泉卵が売られているそうです(笑



好天摩周

2010.03.24 風景
こんにちは。
今日は札幌も日差しがあって暖かいです。
…といってもまだ5℃ぐらいですが(笑

それでも雪も融けて、自転車で外を走るのが気持ちいいくらいになってきました。
いよいよ春がやって来ますねぇ。

さて、旅行の写真なんですが、前回までみたいに一気に出しちゃうと面白くないし、記事書くのに時間がかかるので(笑)、小出しにしていこうと思います。(主に後者が要因だったりする。笑)

最終日は友人宅からスタート。
バスで釧路駅に戻り、駅前から観光バスに乗って道東の湖をめぐります。

僕個人としては、観光バスだとか、旅行会社のパックツアーとかは好きではないんですが、資金や時間の面からそうせざるを得ないこともありますよね…
今回は特に北海道でも交通が不便な所ばっかりなので、効率を重視しました。

さて、まずやってきたのが摩周湖
流れ入る川も、流れ出る川もなく、世界トップクラスの透明度を誇る神秘の湖です。

去年の9月にドライブで訪れたんですが、そのときは日が暮れ、おまけに雨+霧の極悪コンディション。
写真を撮るも…

538

ギリギリ写るも、肉眼では全く見えずあえなく撃沈。
旅行の目的の一つを摩周湖にしていたLinoは、改めてリベンジを誓うのでした…





今回はそのリベンジとして訪れたんですが、じゃーん!!

632

湖面が凍り(最近の暖冬傾向で凍る事が少なくなったそうです)、空は晴れて、知床の山々まで眺めることができるという最高のコンディションでリベンジすることができました!
まさに絶景やなぁ。

いやぁ、これも日頃の行いがよかったおかげですかね(笑
633
中島、カムイッシュ島もはっきり。

摩周湖にはアイヌ民族の悲しい伝説があり…

北海道の北部から戦火を逃れて逃げてきた、アイヌのおばあさんとその孫がこの辺りではぐれてしまいました。

おばあさんは何日も孫を探し、摩周湖のほとりにたどり着きました。

おばあさんはカムイヌプリ(摩周岳の神、湖の右の山)に一夜の宿を願い出て許されます。

疲労と孫とはぐれた悲しみによって、おばあさんは湖の中ほどで眠り込んでしまい……

……そのままカムイッシュ島になってしまったそうです。

そのため、今でも人が摩周湖に近づくと、島になったおばあさんは

「孫が会いに来てくれたのか!!」

そう喜びのあまり涙を流し、

その涙が摩周湖の霧となるのです…


北海道の各地にはこんな風に、アイヌの伝説が多く残っています。
ま、おいおい、そういう話も紹介していこうかと思います♪


さて、今日はうちでサークルの先輩と飲み会を催すので急ぎ部屋を綺麗にしないと(笑
それでは。


ブログランキング参加しました。よろしければ応援よろしくお願いします!!

吹雪中、ひたすら鳥を撮る

2010.03.23 風景
こんにちは。
甲子園では熱戦が繰り広げられてますね。

神港学園がたった今サヨナラで勝ったところです。
神戸国際大付属もがんばって!!


さて、旅行2日目は朝風呂からスタート。
24時間入り放題、しかも源泉かけ流しとあっては朝風呂に入らないわけにはいきません(笑
この上なく幸せでした(笑

朝ごはんを食べて、宿をチェックアウト。
いい温泉でした、川湯温泉。
今度はもっとゆっくりと滞在してみたいなぁ。

628

温泉街からバスに揺られ、今日もスタートは川湯温泉駅。
南下して、一路釧路駅を目指します。

629
窓ガラスが汚れていてあまりきれいな車窓が撮れなかったんですが、どうやら釧路湿原
冬はどこにでもある雪原なんですね。
夏にちゃんと見に来たいです。


2時間ほどで釧路駅に到着。
そしてその10分後、僕は阿寒湖行き路線バスの中。
今日も釧路は観光せずにスルーします(笑

今日のメインイベントは阿寒町の阿寒国際つるセンター
冬季には丹頂の餌付けが行われるため、丹頂が飛来します。
丹頂、めちゃくちゃいました(笑

630
たまに羽を広げたりジャンプしたりして、鶴の舞を披露してくれました。
ここでもやっぱり望遠がないときついな…やっぱり一眼が欲すぃぜ。
仕方なくデジタルズームまで使っての撮影になりました。
暗くてかなり条件も悪かったんですが、何とか撮影成功。

ただこの周囲…本当に何もなくて。
道の駅と、それに付随するようなレストランと温泉施設があるだけ。
おまけに今日は湿った雪が深々と…

それでも2時間近く、屋外でシャッター切ってました(笑

まぁこういうのも一人じゃないと出来やしませんねw
二人以上では相方にあきれられるのが落ちでしょうw

バスまでの時間は道の駅でお土産を見たり、丹頂館を見学したり。
レストランではエゾシカ料理を売っていたので、そちらも食べてみました。

さて、今夜のお宿は釧路。
偶然にも大学の友人が帰省で釧路にいたので、そちらの家に泊めて頂けることになりました。
5時半ごろに釧路駅に到着してバスに乗車して友人宅へ。

夕飯は友人宅の近くにある、おいしいラーメン屋さん(しまった、写真撮ってなかったぞ…)。
極細麺で美味しかったです。

明日は最終日。
夏の知床旅行で果たせなかった、道東の湖を回ります。

それでは。

久々のリハビリ日記

2010.03.21 風景
こんばんは。
今日はえらい風が吹いてましたね。
台風かっ!!



と、いうわけで、今日からはいっつも通りに記事を書いていこうかなと思います。
まぁ、個人的な心境の変化とかも色々あるので今までとは少し違うことになるかもしれませんが。

しばらくは2カ月の間にあったことを埋めていこうと思います♪

2月の半ばぐらいからですかね。
せっかく春休みに入ったんやから、やっぱり普段はできないようなことをしたい。

となると、どっか遠くいかなあかんやろ!!

っていう、ミジンコ並みに単細胞な考え方で、旅行に行ってきました。
今思ったら去年の冬はどこにも行かなかったんだよなぁ…

622

というわけで、今回は冬の道東を回ることに決定。
レンタはさすがに怖いので、公共交通機関での旅行です。
まずは札幌→網走の夜行バス。

人生21年目にして初めて夜行バス乗ったんですが、安くて便利ですねぇ。
ただあの寝にくさはしょうがないとしても、車内の乾燥具合はどうにかしてくれ…

623

で、朝6時に網走駅に到着。
さすが道東…耳が痛い…
縦字で「網走駅」って書いてあるのは、昔かの有名な網走刑務所から出てきた囚人が「横道にそれないように」との思いでつけられてるとか、何とか。


で、冬の網走と言えば、流氷ですよね。

というかまぁ網走寄ったのはそのため。
今回のメインの一つです。



624

流氷観光船から。
遠くには知床の山々も見えてます。
しっかし…ほんまにえらい光景やなぁ。海が凍るなんてのは。

ちなみにまだ世間は平日だったので、観光客は大半が中国系の人たち。
船内は日本語より中国語/台湾語の方が確実に多かったです(笑

そしてなんとなんと!!
625

野生のアザラシ!!いましたよ!!
いやー嬉しいなあ、出会えたらいいなとは思ってたけど!!
カメラの望遠側が足りなかったのが残念やけどかわいいなぁ(*´∀`)

大満足の流氷観光でした。
さて、船から降りてもまだ11時にもなってません。
網走出発は夕方4時。

時間まで何しよう…
今回の旅、目的以外は基本的にノープランだったので(笑

今回は一人での旅なので、せっかくだから一人でしかできないようなことをやってました。
町をぶらっと目的もなく歩いたり、集団やと意外と行かない網走監獄とかを見学したりね。
そのお話はまた後々していきましょう。

で、夕方に網走を出発。今夜のお宿に向かいます。
最初は4人掛けボックスシートに一人で座ってたんですが…

●●|通|●●  
机=| |=机
○●|路|●●

○=Lino
●台湾人のおばちゃん


こういう状態になってw
日本語が堪能な方が一人いらっしゃったので日本語で盛り上がってました。
中国・台湾で北海道の道東をロケ地にした映画(確か「狙った恋の落とし方」だっけ?)が大ヒットして、
その影響で今は中国系の観光客が多いそうです。
こういうのって、なんかいいなぁ、一人旅の醍醐味っていうか。

宿は違いましたが、同じ駅まで乗車されました。
で、楽しく今夜のお宿に到着。

626

今夜のお宿は屈斜路湖の近くにある川湯温泉
その名の通り、湧き出した温泉が川となって流れています。
その川の中から(水量はちょろちょろ程度です)。
湯気がめっちゃ出てる…

泉質は硫黄泉。
一人で温泉につかるのも結構いいですなぁ。
たまらん!!笑

翌日も精力的に動きますよー。

あ、ブログについての追記ありです。
久々のリハビリ日記... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。